小学校教諭になるには

小学校の先生になるには

小学校の先生になるには教員免許の取得が必要です。
免許の取得方法はいくつかあります。

例えば多くの人が挑戦するのが小学校教諭の教職課程のある大学、学部に通うことです。
教育学科や初等教育学科などがこれに当てはまります。

他にも大学で取得できる教職課程を修了することによって小学校教員資格認定試験を受けることができ、これに合格すると免許の取得が可能です。
短大で習得する方法もあります。
ただし、小学校教諭の資格を取得するための学校に通っている人は一種免許状を取得することができますが、それ以外の学校で認定試験を受けて資格を取得している人は二種免許状を取得することになり違うことに注意をしましょう。

また、免許状を取得することができれば全員が小学校の先生になることができるわけではありません。
採用試験を受けて合格しないと学校で先生として働くことができないのです。
この小学校教師になるための採用試験は地域によって合格者数が違いますが、倍率としては4倍ほどで年々下がってきている傾向があります。

務める学校も公立小学校と私立小学校とがあります。
公立小学校は公務員としての勤務、私立小学校の場合にはその学校の職員となるためサラリーマンと同様です。
異動がないという点では私立の方がメリットが高いように見えますが、学校によってシステムが違ったり校風が違ったりするので合っている学校を選ぶことが必要になります。

小学校教師にはどんな人が向いているか

小学校の先生は子供に対して常に愛情を注ぐことが必要です。
子供たちの成長を喜ぶことはもちろんのこと、良い方向に延びていくことができるようサポートをすることも仕事の一つですし、責任もって指導に当たることが求められます。
ただ子供たちの指導をするだけでなく保護者との関係を作ることも必要です。
保護者と連携をしてきちんと子供たちを指導していく必要があります。

仕事としては最近ではモンスターペアレンツや学級崩壊など小学校の先生が置かれている環境はかなり大変なものになっている状況です。
しかし、子供たちは可愛いですしやりがいのある仕事でもあります。

子供たちを取り巻く環境も変わってきており、指導の仕方も色々と変化が出ている過渡期です。
チームティーチングが行われたり英語教育が行われたりしていますし、今後も変化することが考えられます。
そういった変化に対して柔軟に対応することが必要です。

もちろん指導にあたってはぶれない軸を持っておくことも大切ですし、指導方針や理想とする教師像をもって指導に当たることが求められます。
しかし、それだけでなく、常に勉強をして新たな知識を身につけて情報を更新し続けられることも大切です。