システムエンジニアになるには

システムエンジニアの仕事

システムエンジニアはその頭文字をとってSE(エスイー)とも言われる仕事です。
私たちの生活になくてはならないものになったパソコンに関する仕事をして胃ます。

パソコンというのはその中にOSやアプリケーションといったものが搭載されていて、これらを開発や運用するためには色々な人たちが関わっています。
それぞれが自分の担当する仕事をこなしながらチームとして最終的にソフトウェアを作るのです。

その際、プログラマーやプランナーといった色々な職種の人たちが集まるので円滑に行うためにマネージャーのような管理者が必要になります。
この役割を担っているのがシステムエンジニアです。

仕事としてはクライアントと開発チームの間に入りクライアントの意見をチームに伝達、チーム内での作業の調整、意思の疎通といった業務を行っていきます。
プログラムが完成したらプログラムに不具合がないかを確認するためのテストをして完璧であることがわかるとクライアントに納品して仕事は完了です。
このように業務の管理とプログラムのチェック、クライアントとの打ち合わせというようにシステムエンジニアの仕事は多岐に渡るためパソコンのプログラミング全般の知識が求められます。

システムエンジニアになるには

システムエンジニアになるには特に資格は必要ありません。
ただし、仕事をするにあたってはパソコン関連の知識を多く求められるので、大学や専門学校といった場所でこれらの知識を学んでおくことが必要です。
中には独学で勉強したという人もいますが、これはかなり大変なことです。

また、システムエンジニアの仕事はただ知識を持っているだけでは不十分であり、仕事をしながら実践的知識を身につけたり仕事の進めかたや調整方法を学んだり、クライアントの要望を正確に把握したりという能力を身につけなければなりません。
そのため、多くの人がまずはアシスタントとして先輩の仕事についてシステムエンジニアの仕事を学び、最終的に独り立ちしていく流れです。

プログラマーからシステムエンジニアになる場合

ソフトウェア開発やシステム開発をする中でプログラマーはとても重要な仕事です。
システムエンジニアがどれだけ優秀であっても、それを実際の形にプログラミングできる人がいなければソフトウェアは出来上がりません。
そこで、システムエンジニアとプログラマーというのは互いに仕事の内容を理解してお互いの仕事を支えていくことが必要です。

そのため、中にはプログラマーが「システムエンジニアにはこうであってほしい」とか「自分がシステムエンジニアならこういうプランを立てるのに」といった気持ちを抱えていることも多く、そこから派生してプログラマーがシステムエンジニアに転向するというケースもあります。
この時、完全に転向するだけでなく、システムエンジニアとプログラマーの業務を並行して行うというケースもあります。