横浜で小学校教諭を目指せる学校特集

小学校の先生になる方法

小学校の先生になるためにはいくつかの方法があります。
多くの人が想像するのが教育大学に通うということです。
小学校教諭になるためには、小学校の教職課程を学び教員免許を取得することが必要であるため、多くの人がこのルートをイメージします。

しかし、それ以外にもいくつか取得の方法があるのです。
例えば、短大の教育科や一般大学で中学校や高校の教職課程を勉強すると二種免許状の資格を取得することができます。

一種と二種という名称がありますが、あくまでもこれは取得のために通過したルートの違いです。
そのため、一種の人しか採用されない、二種の人は不利とは一概には言えません。
実際、学校現場では一種でも二種でも小学校教員免許を取得していれば先生として仕事ができています。

ただし、一種免許状を取得している人というのは小学校の教員になるための勉強をしていますが、二種免許状を取得している人は中学や高等学校、教育全般といった小学校の教員になるための内容以外のことを学んでいます。
そのため小学校教諭としての生活が始まってから苦労するということもありますし、知らないこと勉強しなければならないことも多いことを自覚しておくことが重要です。

横浜市で小学校の先生になるための学校に通う

横浜市は他の地域に比べて小学校の教員採用試験の倍率が低めということで、小学校教諭になりたいと考えている人が集まる地域でもあります。
中には教員になるための勉強は地方の大学でして、教員採用試験の段階から横浜に出てくれば良いと考える人もいます。
しかし、リアルタイムな採用情報を得るためには地方にいるよりもその地域にいた方が強いです。

また、横浜で学生時代に勉強をしていれば、学生のうちから横浜市の小学校教育に携わる機会を色々と得ることができます。
横浜市教育委員会が行なっているアルバイトや、学校の遠足や学童の補助アルバイトといったこと仕事として行うことができるので、学生のうちから教育現場に携わることができるのです。

学生のうちからこのような経験をしておくと学校現場に出てすぐにそれらの経験を役立てることができます。
また、大学生のうちから横浜で勉強しておくと横浜市で教育に携わっている先生から講義を受けることができるケースもあります。

もちろん、これらの経験が優遇されることもあります。
その点でも大学のうちから横浜で小学校教育について学んでおくことは有利であるのです。

横浜市にある学校で小学校教諭になるための勉強ができる学校は、多くの場合が教育学部を持っています。
特に小学校を併設している学校であればその学校の小学校で教育実習を行うことができます。
学費についても他の地域にある一般的な教育学部と変わりません。