保育士として横浜で働く魅力とは?

住みやすく人気の高い横浜

地方に住んでいる人たちは東京へのあこがれがあるものです。
しかし、実際に東京に出てきてみるととても人が多かったり物価がかかったりして苦労する人も多くいます。
そこで、東京へのあこがれがあっても横浜に住むというのがおすすめです。

横浜も地方から出てくる人にとっては十分都会ですし魅力的な場所でもあります。
東京までも簡単にアクセスすることができますが、物価やや家賃は東京よりもリーズナブルです。
人も多すぎずおしゃれな街で快適に生活をすることができます。

横浜は海もありますし緑もあり、意外と自然が豊富です。
出かける際にも有名な観光地や人気の飲食店もありますから休日も横浜でも十分楽しめますし、生活環境として整っている横浜は生活するのにおすすめの地域です。

横浜は保育士として働くのにおすすめの地域

神奈川県でも横浜市は保育士の平均年収がとても高い地域です。
せっかく同じ仕事をするならば少しでも高い収入が得られた方がやりがいを感じることができます。
もちろん物価も高いので地方よりは支出も多いですが、保育士の給与でもきちんと生活をしていくことには十分です。

また、保育士の求人数もとても多く、東京の次に多く募集がかけられています。
正社員はもちろん、契約社員や派遣、アルバイトなど、雇用形態も複数の募集があるのでライフルタイルに合わせた働き方も可能です。

横浜市の保育士求人(派遣、アルバイト含む)|はぴほいく

東京に出てきたものの仕事がない、と困ることもありませんので、安心して求人活動を行うことができます。

横浜市は独自の保育士支援制度も充実

保育士は低賃金で忙しい、ブラックといったネガティブなイメージを持っている人も多いです。
しかし、横浜市ではそういったイメージを払しょくするための取り組みも進んでいます。
そのため働きやすい環境の保育園も多いですし、保育士に対してのバックアップ体制も整っています。

そういった取り組みの一つが保育士宿舎借り上げ支援制度です。
これは保育士の社員寮を有している保育園で勤務をしている場合には、申請をすることによって家賃補助を受けることができます。
保育士資格を保有している人に限定されるものですが、これは毎月の生活でもかなりの助けとなるものです。

保育士宿舎借り上げ支援事業【令和元(平成31)年度新規申請】|横浜市

横浜市では保育士資格取得支援事業も熱心に取り組まれています。
これは保育園で働いている人の中でも保育士資格を所有していない人に対して保育士資格の取得にかかる費用の補助を受けることができるというものです。
資格を取得するための講座の受講料や保育士資格の試験受験料の負担をしてもらうことができますからかなり費用面では楽になります。

こういった取り組みがありますし、保育園の中も働き方改革が進んでいて昔よりも働きやすい環境が整っている保育園が多いです。
人手不足で悩んでいる保育園も減りつつあり、かなり労働環境としても整っているといえます。