システムエンジニアの年収とは

システムエンジニアの給与

システムエンジニアは専門職であり技術職です。
皆が知っていることだけでなく、特別な知識や技術といったものが必要になります。
そのため、他の仕事に比べると少し給与が高めの水準となっています。

平均的な月収として38万円前後と言われていますからこれは高いものです。
しかし、勤務する会社との雇用契約内容や経験、スキルといったものにも左右されますから皆がこの給与をもらっているというわけではありません。

学校を卒業して就職したての時には一般的な初任給と同じ程度です。
しかし、そこから経験を積むことで少しずつ給与は高くなっていきます。
中には人気のシステムエンジニアとなったり、難易度の高い仕事をこなせるようになったりといったことができるようになると月収が60万円から80万円といった高額になるというケースもあります。

給与が良い分仕事は大変

システムエンジニアの仕事には納期があり、これは守らなければなりません。
一人で仕事をしているのではなくチームで仕事をしていますし、多くの場合には皆が色々な仕事を掛け持ちしています。
そのため、時にはその調整がうまくいかないということもありますし、不具合が起きればその修正作業にかなりの時間を要してしまうこともあります。
納期が近づいてくるとなんとか間に合わせようと残業をして作業を進めなければならないということも少なくありません。

納期を守るためには納期前はかなりバタバタしますし仕事も立て込みます。
そのため、人によっては会社に泊まり込みで作業をしなければならないケースもあり、楽な仕事ではないのです。
この際、残業代についても常に全てが支給されるとは限りませんから、給与と勤務時間とが見合っているかどうかはわかりません。

システムエンジニアの収入は個人差が大きい

システムエンジニアの年収は平均すると592万円と言われています。
その中でも優秀な人であれば20代でも700万円以上の年収を得ているという人もいて、年功序列ではありません。
不況によって給与が不安定な中でもシステムエンジニアの年収は比較的安定しており現在、人気の業種です。

ただし、仕事の内容や時期によって忙しさが違うこと、事務所や個人によって仕事の依頼数に差があること、雇用形態が会社によって違うことなどから年収については個人差もとても大きいです。

また、労働時間に見合った給与が受け取れている場合とそうでない場合もあります。
企業に勤めていて残業代がもらえているケースもあれば、個人で仕事をしていれば残業代は全く受け取ることがありません。
このため、勤務時間と収入とが比例するとも限らない仕事です。