クィーンズスクエア横浜

魅力的な街、みなとみらい

みなとみらいは横浜でもデートの定番スポットです。
グルメ、宿泊、観光、アミューズメント、ショッピングと様々なジャンルで楽しむことができますからデートで楽しむことはもちろんのこと、一人でも家族でも楽しむことができます。

そのような多ジャンルの名所の中でも訪れたい場所の一つがクイーンズスクエア横浜です。
ここではクイーンズスクエア横浜の特徴を紹介していきます。

クイーンズスクエア横浜とは

クイーンズスクエア横浜は、みなとみらい地区にあるオフィス、ホテルを含んだ商業施設です。
3棟の高層オフィスビルからなるクイーンズタワー、ショッピングモール、ホテルとで構成されています。
1997年の開業以来多くの人が足を運んでいます。

3棟の建物の中はクイーンモールというメインストリートで繋がっており、その長さは300メートルにも及びます。
隣にはランドマークタワーがあり、景観上はランドマークタワーから少しずつ建物の高さが低くなるデザインを作り出しています。

今までは桜木町駅から動く歩道を利用してクイーンズタワーまで行くのが一般的なルートでした。
しかし、2004年に開通した横浜高速鉄道みなとみらい線のみなとみらい駅が地下3階で直結してよりアクセスが便利になっています。

ショッピングを楽しむ

クイーンズイーストはショッピング、ホテル、レストランが入っている施設です。
みなとみらい駅は直結していますから、雨に濡れることなく楽しむことができる点でも人気です。

ショッピングを楽しむのはもちろん、のんびりと食事を楽しむことができるので、みなとみらいデートでは多くの人が立ち寄ります。
テラスのあるお店もありますから潮風を感じながらみなとみらいの夜景を楽しむこともできます。

そして、クイーンズスクエアの隠れた楽しみ方がホールで音楽を楽しむということです。
実は、クイーンズスクエア内には横浜みなとみらいホールという大ホールがあるのです。

ここは世界最高レベルのパイプオルガンを有しており、様々な演奏会が開催されています。
開演前後にはホワイエで景色を楽しみながらのんびりと過ごすことができ、大人の贅沢デートにオススメです。