三溪園の楽しみ方

横浜の隠れた人気スポット、三渓園

横浜といえば高層ビルや美しい夜景、アミューズメント施設など楽しめるスポットが沢山あります。
その中でも実は人化に人気のあるスポットが三渓園です。
都会にいることを忘れてしまうような施設はぜひ一度足を運んでもらいたいものでもあります。

横浜三渓園というのは1902年ごろから20年かけて増設した17500mにも及ぶ国内でも大きな公園の一つです。
ここには京都や鎌倉から移築されているという歴史的価値の高い建造物も沢山配置がされています。
心身芸術家を育成する場としても提供されており、日本画で有名な差君が生まれた場所でもあります。

庭園はとても整備が整っており、いつの季節に来ても花が美しく咲き乱れており圧巻です。
春は桜やつつじ、フジ、夏は水連やショウブ、アジサイ、秋は萩、ヒガンバナ、銀杏の紅葉、冬のツバキといったものが見ものになっています。

三渓園にある施設

三渓園で有名なスポットの一つが鶴翔閣です。
ここは1902年に原家の住居として建てられたものですが、上からの眺めが鶴が飛んでいるような姿を思わせることから名前が付けられています。
今は貸出し越として国内外の賓客を招いたり、展示会や結婚式場などといったことに利用されたりしている場所です。

創始者の原三渓についての資料や自身の書いた書や湯怒りのある作品を展示しているのが三渓記念館です。
作品展示を見るだけでなく、抹茶処では先生がお点前を披露してくださり景色を楽しみながらお茶をいただくこともできます。
ミュージアムショップもあり、ここでしか買えない織物やお菓子も人気です。

臨春閣は国の重要文化財にも指定されています。
建造物の室内は狩野派の障壁画を楽しめるようになっている施設です。
建物自体も数寄屋風の書院造となっており趣向が凝らされているものになっています。

建物に入るだけでもその素晴らしさが感じられる施設です。
中秋の名月には観月会が行われており、脳や雅楽を楽しむことができ、こちらも人気です。

他にも重要文化財の三重塔があります。
これは京都府に15457年に建造されたものを1914年に移築しているものです。
園内のほぼすべての場所から見ることができるものでもあり、三渓園のシンボルにもなっています。

行事の際にはライトアップされるのも特徴です。
庭園に浮かび上がる美しい三重塔のシルエットはとても幻想的でもあります。

園内は施設の見学をしながら景色を楽しむと十分時間を満喫することができます。
景色を見ながら休憩をしたり、コイに餌をやったりと楽しみ方も様々です。
最近では趣味の写真撮影のために訪れる人やデートに訪れる若者もおり多くの人が足を運ぶ施設となっていて外国人観光客も多くなっています。