赤レンガ倉庫

みなとみらいの人気観光スポット、赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫はミュージックビデオや映画の撮影地としても人気であるため、みなとみらい地区でも多くの人が立ち寄るスポットです。
建物前の駐車場には連日多くの観光バスも立ち並んでいます。
>>横浜赤レンガ倉庫|横浜の景色と海風、そして文化や歴史を体感できるイベント・お食事・ショッピング施設

人気の施設ですからよく名前は聞くものの、実際これがどのような施設でどういったことを楽しめるのかということはあまり正確には理解されていません。
そこでここでは赤レンガ倉庫がどのような施設であるのかを紹介していきます。

赤レンガ倉庫とは

赤レンガ倉庫というのはもともと、明治・大正時代に国の模範倉庫として建設されたものです。
進行埠頭保全倉庫というのが当時の名称で、明治政府によって建設されました。

今となっては施設が2つしかありませんが、当時は倉庫がいくつも並んでいた場所です。
実は日本初の業務用エレベーターが設置されたのも赤レンガ倉庫です。

時代の流れとともに貨物のコンテナ化が進んでいったこと、他の埠頭が栄えたことによって貨物の取扱量はどんどんと減少してしまいます。
それによって施設は使われなくなってしまいました。

倉庫としての役割は平成元年に完全に終了します。
その後しばらく放置されていましたが、美しい外観と歴史的建造物を管理しようしようという働きかけが進んだことによって、1992年に所有権を横浜市が取得して再開発計画を開始します。
それによって倉庫の修復をして保存活用できるようにして赤レンガ倉庫が商業施設としての営業を開始しました。

赤レンガ倉庫では飲食店が充実

赤レンガ倉庫では飲食店が充実しています。
景色が良い場所でもあるので、最高のロケーションを楽しみながらグルメを楽しむことができます。

特にスイーツ類は充実しており日本でもあまり出店されていないお店が多いです。
テラス席があるお店もありますから、天気の良い日にはテラスで潮風を感じながらのお茶も楽しめます。

季節のイベントも充実

赤レンガ倉庫では一年を通して色々なイベントが開催されています。
秋にはビールイベントであるオクトーバーフェスト、冬にはクリスマスイルミネーションやスケートリンクも登場して多くの人が来場します。

それ以外にもライブも開催されることが多いです。
野外に特設ステージを設置して様々なアーティストがここでステージを行なっています。

また、あまり知られていませんが赤レンガ倉庫の1号館は劇場を有しており、演劇や音楽、ダンスといったものが常に楽しめるスペースとなっています。
季節によって色々なイベントが開催されており、人気です。

施設は借りることもできます。
そのため講演会や個展といったものを開催することも可能です。
特に3階のホールはとてもおしゃれな作りであり、このようなレンガ壁のおしゃれなホールは類を見ません。